Category
-

2018.03.01 Thu

教室のお知らせ

Category: Event

紙事 さんによるお稽古のお知らせです
教室のお申込みは、3月15日(木)よりメールにて承ります

文字を通して自分を知る、そんな出会いの場になれば幸いです
以下、詳細をご確認ください

____________

あなたのローマ字を整える お稽古

お手紙を読むとき その人の筆跡だからこそ言葉が声となって 聞こえてくるように
お手本通りの文字ではなく、 あなたの気配 を忍ばせた あなたが薫るローマ字を探すお稽古の場です

カリグラフィーのお道具をベースにしつつも ルールやテクニックに囚われない
自分にしっくりとくる文字を一緒に探してゆきます

環境や自身の変化とともに 自身の文字も緩やかに操り その時々の自分が見える文字を
都度都度整えてゆけるそんな 一生ものの文字への視点と軽やかさを お稽古を通して
身につけていただけたらと思っています

カリフラフィーのお道具は使いますが カリグラフィーの正統派 のカリキュラムとは全く異なる
紙事がひとりひとりの文字と紙 の暮らしを考える中で生まれた独特なお教室です
個人の筆跡を生かした 普段の生活の中で使える 正解のない それぞれのローマ字のフォントをじっくりと形づくってゆきながら あなたが長年使い込んだ文字を今のあなたに合わせて整えて ゆきます
字体はほんとうにひとそれぞれ どんな字に整ってゆくのかはお教室にてお楽しみください お教室で お会いできるのを楽しみにしています

.
.
– ATTENTION

このお教室は いわゆる王道のカリグラフィーのテクニックを学 べるお教室ではありません
カリグラフィーに興味がある方は その専門の素敵な先生をお探しいただけましたら幸いです

.
.
– クラスについて

紙事はお一人おひとりとじっくりと向き合ってゆきたいと 考えております その考えから
お教室は5カ月コースをとっています 毎月1回、 計5回全て通っていただける方に限ります

.
.
_ 内容

約 2 時間半〜3時間 / 1回のお教室

1ヶ月目 自分のサインを整える/あなたの MERCI を書く 2ヶ月目 自分の a to z (小文字) を整える/言葉を書く 3ヶ月目 自分の A to Z (大文字) を整える/言葉を書く 4ヶ月目 数字を整える 5ヶ月目 自分の色を作って文字を書く

.
-あくまでも予定です クラスの希望に合わせて予定変更になる場合もございます-

.
.
_ お月謝

ひと月 9000 円 / おひとりさま

初回のみ お道具 / 資材代で 6500 円 別途 頂戴いたします

毎月、 「今月の紙」 ささやかな紙のお土産つき お月謝袋にて、 毎月お月謝をいただく形となります

.
.
_ クラスについて

1クラス4名様

class A :
第一回 : 2018年4月19日(木)  2:00 pm – 5:00 pm (おやつ,ドリンク付)

class B :
第一回 : 2018年4月26日(木) 2:00 pm – 5:00 pm ( おやつ,ドリンク付 )
.

注) 各クラス、2回目以降のスケジュールは1回目の教室時にて相談により決めさせていただいます.
.
.

3月15日よりメール ( trunk@juuri.jp ) にてお申し込み受け付けを開始いたします.

お電話やインスタグラムページからはお申し込みいただけませんのでご了承ください.

上記概要をご理解の上、お申し込み者様のお名前、お電話番号、人数をお知らせください.

どうぞよろしくお願い致します.

2017.10.02 Mon

箱のはなし

Category: Diary

 

お店を始めるにあたって、まだ取り扱う商品も内装のイメージも
なかった頃、自分でも理由はよく分からないけれど、
juuriのギフトボックスは必ず作りたいと心に決めていた

 

紙箱が昔から好きだったという理由もあるけれど、
佇まいの美しいものを受け入れる器には
やはりそれ相応にふさわしい佇まいのものでないと
取り繕った美しさしか残らないのではないか….
という見栄っ張りな気持ちが強かったのだと思う
だけど完成したjuuriの箱を見て、やっぱりこれでよかったと
心からそう思った

 

箱のイメージは、juuriのロゴや紙周りのディレクションを
担当してくれた 紙事 渡邉 絢 さんと
ウェブデザイン、juuriイラストなどを担当してくれた
芸術家 阿部寛文 くんと審議を重ねて形どっていった
その頃にはお店のイメージも固まり、というよりは3人が
それぞれに思い描くjuuriが驚くほどに一致していて、
そこに向かって答え合わせしていくような不思議な感覚だった

 

出来上がった箱は黒一色、無駄のないシンプルで美しいものだった
せっかくだからお店のロゴをどこかに入れたいと思ったのだけれど、新たな持ち主の元で、そっと根を下ろし
時を経ていく箱であって欲しいと思っていたので
目を凝らさなければ分からないくらい、
透明泊で小さくjuuriと刻んでもらった

 

紙質には美しく表情のあるビオトープを使用している
深みのある色や質感の美しさを持つ反面、
非常にデリケートで傷つきやすいという面も持ち合わせている
実際、紙箱を作ってくれている方からも、
表面上の紙の耐久性を考えると今後もっと丈夫な紙を
使用しても良いかもしれないと教わった

 

本来なら確かにギフトボックスとしての箱であれば、
引っかいてもぶつけてもビクともしない
耐久性に優れた素材がベストなのだろうと思う
ましてや、少し力強く蓋をかぶせただけで
紙がめくれてしまう箱なんて、ちょっとどうなのとお叱りを受けるかもしれない

 

次からは紙質を変えようかなと悩んでいた時、
ふと目に止まった家で収納箱として使用していたサンプルの箱
決して雑にあつかっていた訳ではないけれど、度重なる開け閉めで角が擦れて紙がめくれているのに気がついた
だけどそのちょっとくたびれた佇まいが変わらず美しくて、
私の迷いは吹き飛んでしまった

 

綺麗なままで傷つけたくない方はきっと
宝物のように接してくれるだろうし
逆に道具としてたくさん接してくれる方もいるだろう
箱の扱い方は持ち主の方に委ねようと

 

そういう訳で、普段は贈り物を選ばれた方にしかギフトボックスをご紹介したりしないのだけれど、ごくたまに、
ちょこんと置いてある箱に目をとめてくださる方がいると
表には出さないけれど嬉しくてつい鼻息が荒くなってしまう

 

そんな箱のお話

2017.09.27 Wed

教室のお知らせ

Category: Event

紙事 渡邉 絢 さんによる教室を11月より行います
文字を通して自分を知る、そんな出会いの場になれば幸いです
以下、詳細をご確認ください

____________

 

あなたのローマ字を整える お稽古

 

お手紙を読むとき その人の筆跡だからこそ言葉が声となって 聞こえてくるように
お手本通りの文字ではなく、 あなたの気配 を忍ばせた あなたが薫るローマ字を探すお稽古の場です

カリグラフィーのお道具をベースにしつつも ルールやテクニックに囚われない
自分にしっくりとくる文字を一緒に探してゆきます

環境や自身の変化とともに 自身の文字も緩やかに操り その時々の自分が見える文字を
都度都度整えてゆけるそんな 一生ものの文字への視点と軽やかさを お稽古を通して
身につけていただけたらと思っています

 

 

カリフラフィーのお道具は使いますが カリグラフィーの正統派 のカリキュラムとは全く異なる
紙事がひとりひとりの文字と紙 の暮らしを考える中で生まれた独特なお教室です
個人の筆跡を生かした 普段の生活の中で使える 正解のない それぞれのローマ字のフォントをじっくりと形づくってゆきながら あなたが長年使い込んだ文字を今のあなたに合わせて整えて ゆきます
字体はほんとうにひとそれぞれ どんな字に整ってゆくのかはお教室にてお楽しみください お教室で お会いできるのを楽しみにしています

 

– ATTENTION

 

このお教室は いわゆる王道のカリグラフィーのテクニックを学 べるお教室ではありません
カリグラフィーに興味がある方は その専門の素敵な先生をお探しいただけましたら幸いです

 

– クラスについて

 

紙事はお一人おひとりとじっくりと向き合ってゆきたいと 考えております その考えから
お教室は5カ月コースをとっています 毎月1回、 計5回全て通っていただける方に限ります

 

_ 内容

 

約 2 時間半〜3時間 / 1回のお教室

1ヶ月目 自分のサインを整える/あなたの MERCI を書く 2ヶ月目 自分の a to z (小文字) を整える/言葉を書く 3ヶ月目 自分の A to Z (大文字) を整える/言葉を書く 4ヶ月目 数字を整える 5ヶ月目 自分の色を作って文字を書く

-あくまでも予定です クラスの希望に合わせて予定変更になる場合もございます-

 

_ お月謝

 

ひと月 9000 円 / おひとりさま

初回のみ お道具 / 資材代で 6500 円 別途 頂戴いたします

毎月、 「今月の紙」 ささやかな紙のお土産つき お月謝袋にて、 毎月お月謝をいただく形となります

 

_ クラスについて

 

1クラス4名様

class A :
第一回 : 2017年11月9日(木)  11:00 am – 2:00 pm (初回のみ午前スタート,ランチ,ドリンク付)
第二回 : 2017年12月7日(木)  2:00 pm – 5:00 pm ( 軽食,ドリンク付 )

 

class B :
第一回 : 2017年11月30日(木) 2:00 pm – 5:00 pm ( 軽食,ドリンク付 )
第二回 : 2017年12月21日(木)  2:00 pm – 5:00 pm ( 軽食,ドリンク付 )

注) 各クラス、3回目以降のスケジュールは二回目の教室時にて相談により決めさせていただいます.

 

10月1日よりメール ( trunk@juuri.jp ) にてお申し込み受け付けを開始いたします.

お電話やインスタグラムページからはお申し込みいただけませんのでご了承ください.

上記概要をご理解の上、お申し込み者様のお名前、お電話番号、人数をお知らせください.

どうぞよろしくお願い致します.

2017.07.13 Thu

acotaが宿す自然の神秘と美

Category: Product

 

 

彼女の手から生み出されるアクセサリーには

言葉では表すことのできない美しさを感じます.

 

それは例えば、雨上がりの空だったり葉からこぼれ落ちる雫の光や

霧のかすむ早朝、白みはじめた空気のなか心地よく響く鳥のさえずりのような

 

ふとした瞬間に垣間見る、自然が生み出す儚くも力強い美しさに

思わずはっと心を打たれる、そんな感覚に近いものかもしれません.

 

 

 

 

 

 

一瞬一瞬、その時々に感じ取った想いや感動を

ひとつひとつのパーツに大切に閉じ込めて…

 

acotaにしか宿すことのできない世界観

美しいアクセサリーをぜひ見にいらしてください.

 

2017.04.03 Mon

自然を内包するジュエリー “terroir”

Category: Product

 

 

旧い手法により一つ一つ丁寧に職人の手によって生み出される

Atelier el のジュエリー.

透明感のある美しく繊細な佇まいの中に宿る圧倒的な世界観は

身につける者の背筋をすっと伸ばしてくれるような

そんな心地良い緊張感を与えてくれます.

 

今回お店のオープンにあたりjuuriの世界観を描いたジュエリーを

特別に創っていただきました.

フランス語で植物が育つための場所、気候、土壌、など

植物を取り巻く全ての自然環境を意味する

“terroir”テロワール

と名付けられたこのシリーズ.

葉脈を施し滑らかに曲線を描くグリーンゴールドが

優しくブラックダイヤを包み込んでいる様子は

生命力に溢れ、伸びやかに育つ植物を連想させます.

 

4月17日より店頭にてご覧いただけます.

2017.03.24 Fri

はじめまして

Category: Diary

はじめまして.

 

いつかお店をするなら….
静かに凛然と根をおろし
人やものたちを通してその根を育む場所でありたい
そう願いを込めて
juuriという屋号に決めたのは
もうずいぶんと昔のこと.

 

そんな形を成さずふわふわと
膨らむばかりの想いの種が
いつしかたくさんの方々に支えられ
そして六甲という地で
ようやく小さな小さな根をはることができました.

 

とはいえ
まだまだ細くて頼りないjuuriの根
これからゆっくり大切に育んでいきたいと思います.

 

2017年4月17日
ひっそりと芽をのぞかせたjuuriを
どうぞ見つけにいらして下さい.